アルカリ性と弱酸性 好ましいのはどっち

「洗顔石鹸」でも、たまに「弱酸性」のものなどがありますが、基本的には洗顔石鹸はアルカリ性です。では、アルカリ性の石鹸と酸性の石鹸で、デメリットはどう違うのでしょう。

アルカリ性は洗浄力が強い

まず、人体は基本的に「弱酸性」です。髪の毛も然りですね。アルカリは洗浄力が強いので、あまりゴシゴシこすりすぎたりすると、必要な角質まで落としてしまって、肌荒れの原因になってしまうことがあり得ます。顔はあまりゴシゴシこすらないと思いますが、そっとつけて撫でるくらいにとどめることと、必ずしっかり洗い流すことが大事ですね。洗い流し損ねた成分は、肌のツッパリのもとになってしまいます。

弱酸性は肌にやさしいけど

逆に弱酸性の場合、肌とあっているので肌には優しいですが、古い角質など、汚れや老廃物を洗浄する力が弱いです。古い角質がたまっていくとターンオーバーが順調にいかなくなり、結局は長い目で見ると肌に優しいというメリットがなくなります。
皮膚を痛めていたり、あるいは赤ちゃんなどに対して使うにはいいと思いますが、「弱酸性=すばらしいこと」ではないので、目的に応じて使い分けましょう。

弱酸性を使いたい人にお勧めは

VCOマイルドソープ」など、成分の売りがはっきりしているものがいいでしょう。ちなみに、「VCOマイルドソープ」は母乳と同じ「ラウリン酸」をもとにしているので、かぶれたり腫れたりしやすい敏感肌の人にはお勧めです。

△PAGE TOP