洗顔フォームは石鹸と併用しよう

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いを覚えているでしょうか。洗顔フォームとは「合成界面活性剤」を含んでいて、石鹸の大多数が固形であるのと対照的に、洗顔フォームの大半はクリーム状になっています。肌の弱い方にお勧めはしませんが、上手な使い方はないものでしょうか。

ネット上の評判を見てみると

洗顔フォームはかなり悪者扱いで、洗顔石鹸の引き立て役として使われることが多いようです。なんといっても「合成界面活性剤」が悪者になっている感は否めませんね。

洗顔フォームのポイントは

簡単にまとめると、「汚れなどがすごく落ち、そして肌の潤いを失わない」ということかと思います。言葉にしてみると最高な感じはしますが、洗浄力が強すぎて、本来必要な成分まで根こそぎ落としてしまい、かつ、それでボロボロになった肌に潤いを持たせるため、保湿成分を上乗せする、という、肌に優しくない構造が嫌われているようですね。

弱酸性や、天然由来成分が入っているものは

弱酸性で肌に優しい、とか、天然成分が入っているので体にいいとかいう理屈は、「合成界面活性剤」が入っているという事実の前にはほとんど意味を成しませんね。

洗顔フォームのメリットは

クリーム状で、携帯性・利便性に優れているのは確かです。自宅には石鹸を置き、外で使うのに洗顔フォームを持ち歩くと、外で顔を洗いたいときに便利で、害も少ないということになるでしょう。石鹸と併用するのが一番よさそうですね。

△PAGE TOP