間違えやすい洗顔のやり方とは

洗顔石鹸も顔の肌のケアには、大切ということも改めて、認識することも必要です。洗顔フォームから洗顔石鹸へ切り替えてみること、これがケアの一歩目とも言えます。さらにケアを進めていくためには、洗顔のやり方についても、おさらいして、正しい洗顔を意識しましょう。

そもそも間違いやすい洗顔

洗顔も顔をキレイにすればいいですし、さっぱりしたいときにするでしょう。別にやり方なんてと気にせずに洗顔をしている人も多いでしょう。
しかし、間違った洗顔をしていると、せっかく洗顔石鹸へ切り替えても、効果は薄かったりします。間違いやすい洗顔のやり方としては、次のようなことがあります。
まず、泡を手の上で立てずに洗顔しまう、また顔の上で泡を立ててしまうということです。あまり泡立てずに顔に当てると、肌にダメージを余計に与えたり、皮脂や角質を余計に落としてしまいます。顔の上で泡立てるのも、同様です。これに関連して、ついゴシゴシと強めに擦り洗いをする人もいますが、軽くやっても汚れはしっかりと落ちます。ゴシゴシとするとダメージを与えるのでよくありません。泡を立ててから、優しく触れて洗うようにしましょう。

また特に油性肌の人は、朝昼晩と1日に何回も洗いたくもなりますが、洗いすぎも実はよくありません。逆に洗いすぎて、余計に油分が分泌されてしまうのです。せいぜい、朝と晩くらいにしましょう。

あと、冬などはお湯で顔を洗いたくもなりますが、毛穴をしっかりと引き締めたり、ダメージを減らすためにはぬるま湯やちょっと冷たいと感じるくらいの水で洗うのがいいのです。
これらを改善すると、それだけでも洗顔石鹸の効果を出せるようになるので、洗顔のやり方にも気をつけましょう。

△PAGE TOP