洗顔石鹸とは? 石鹸の種類と特徴を知ろう

日本人は清潔好きとよく言われますが、お風呂に入るとき、シャワーを浴びるとき、寝起きで顔を洗うとき、眠気覚ましに冷たい水で顔を洗うとき、お湯や水と合わせて使うものに石鹸がありますね。感触や匂いなど、それぞれ好みがありますし、販売されている石鹸の種類もたくさんありますが、みなさん、石鹸のことをどれくらいご存知でしょうか。

一般にいう石鹸の種類とは

石鹸を区分すると大きく

  • ・化粧石鹸
  • ・浴用石鹸
  • ・洗顔石鹸
  • ・洗顔フォーム

と大別することが出来ます。顔を洗うときに一番相応しそうなのは洗顔石鹸だよな、という風に見当はつきますが、実際のところ、それぞれどう異なっているのでしょうか。
浴用石鹸で顔を洗うときに気を付けることは

例えば顔を洗うときに使わない方がいいものは

上の4種類のうち、顔を洗うときに使わない方がいいものはどれだか分るでしょうか。
お風呂
洗顔石鹸を除く3つのうち、顔を洗うときに使うとデメリットが大きい可能性があるものは、「浴用石鹸」と「洗顔フォーム」です。意外ですね。洗顔とうたっているのに、洗顔フォームを使わない方がいいというのは、どういうことでしょうか。また、お風呂で浴用石鹸しか使わない人には、どんな問題があるのでしょう。

浴用石鹸で顔を洗うときに気を付けることは

浴用石鹸とは、名前の通り浴室で使うことを前提とした石鹸で、平たい言い方をすれば「お風呂用の石鹸」ということになります。日本のお風呂は、贅沢に水を使うイメージがありますね。ですので、石鹸が簡単に溶けてなくなってしまうと困るので、溶けにくく作られています。

ここで、石鹸が溶けにくいというのはどういうことかというと、粒子が荒いということですね。ですので、粒子の細かい石鹸より顔の皮膚を傷つけてしまうということになります。一朝一夕で変わるものではありませんが、長年使い続けると、違いはだんだんはっきりしてきますね。

一般にいう石鹸の種類とは

洗顔フォームの問題点とは

洗顔フォームとは「合成界面活性剤」が含まれているもののことを言います。
こちらは、非常に洗浄力が強力なのですが、強力すぎて汚れを根こそぎ落とした上に、肌を守ってくれる皮脂幕まで破壊してしまう可能性が高いのですね。結果、肌荒れを引き起こす要因にもなりますので、注意が必要です。

洗顔石鹸についてもっと詳しく見てみましょう

石鹸全般の中で、特に使用に関して知識を持っておいた方がいいのが洗顔石鹸です。ですので、少し細かく、洗顔石鹸についてみてみることにしましょう。

更新情報

2016/05/18
間違えやすい洗顔のやり方とはを新規投稿しました。
2016/03/23
アルカリ性と弱酸性 好ましいのはどっちの情報を更新しました。
2016/03/23
リンク集を新規投稿しました。
2016/03/23
洗顔石鹸とは? 石鹸の種類と特徴を知ろうの情報を更新しました。
2016/03/23
洗顔石鹸で顔以外を洗うとどうなるかを新規投稿しました。
△PAGE TOP